【個人山行】2017年6月10日@奥秩父竜喰谷


17061009◎参加者:高山(L/記録)、会外1名

0430東京発
0615古里駅にてピックアップ
0740一ノ瀬しゃくなげ橋
0800入渓
1030終了点 大常木林道
1230しゃくなげ橋

沢名の良さにつられてやってきた。
青梅街道から一ノ瀬に入る林道が通行止。落合から犬切峠経由で迂回。
竜喰谷出合すぐ上の駐車スペースに停める。釣師らしきジムニー1台あるも沢中では誰にも会わず。
いきなりヌメっている一ノ瀬川をヨタヨタ徒渉して竜喰谷に入渓。水は少ない。
5m滝5m滝 シャワー直後5m滝。水流真ん中右寄りのリッジから直登できそうだが、朝イチから滑々苔々のシャワーか…
ホールド大きいが、久し振りに水浴びて、やや焦る。フォローにはロープ出す。久しぶりなのでATC ガイドの使い方忘れていた。
どの滝も幅広で美しい。下部はチャート、上部は花崗岩だろうか?水中の砂溜まりに金色の石粉が目立つ。途中に精練場ノ滝というのがあり、昔は砂金採っていたのかもしれない。

曲り滝

曲り滝

階段状の滝

階段状の滝

曲り滝でもロープを出すが、水量少なく乾いておりホールドも大きいので不要だった。
中ノ平沢を分けるとさらに渓相が良くなる。
しかし高低差がないので、振り向いた景色はそれほどでもない。
今日は相棒の元ボクサーの沢初めでもあるので、先に行かせるが、ドカドカ歩いて転んだりしている。やはり半年ぶりに沢に入ると歩き方も登り方も忘れている。簡単な沢に来てよかった。
時間もあるので稜線まで行こうかと思ったが、緩傾斜にカヤトのボサがひどいので、10時半で溯行終了。

終了点の大常木林道の橋はかなり立派だが、竜喰谷出合のすぐ奥で路肩崩のため通行止めになっていた。
唐松の新緑が美しい林道を二三度間違えながら二ノ瀬に下った。
アプローチなし、標高差500m、滝4つ、天候よし、水量少なく、詰めなしで起承転結を欠いたが、沢初めに日帰りで来るには丁度良かったかもしれない。

コメントは受け付けていません。