【個人山行】2017/9/24 @大源太川北沢本谷


2017/9/24   天気:快晴

メンバー:有枝(L)、会員外2名

6:20 旭原駐車場発 11:15稜線 11:20山頂 13:20駐車場

昨年11回、今年3回沢に行き、そろそろリードしたいと思ってM田さんにお願いし、リーダーをやらせていただく。
選んだ沢は、登攀系でレベルがちょうどよいと思われる大源太川北沢本谷。沢3回目のNちゃんも一緒だ。

4条6m滝を左から登る

当日は快晴。緊張と高揚が入り混じる。前日の雨で水量も多い。Nちゃんが登って怖いと思われる滝はロープを出すつもりで先行して登る。念のためロープを出したのはぬめりが強い最初の4条6mと三俣の先の2段15m滝。Nちゃんは確実に、上手に登ってきてくれる。
2段15mの下段でシャワーを浴びて登り、寒くなる。
上段を登る前に念のためビレイ支点を作ったほうがいいというM田さんのアドバイスを受けてハーケンを打つ。ハーケンを打つのは初めてだが、手首がまっすぐになってしまい、なかなか打ち込めないのにすぐ疲れてしまう。「もっと手首のスナップを使って!」と言われるが全然できない。見かねてM田さんがバトンタッチしてくださる。

三俣

三俣

考えてみたら若いころから手首のスナップを効かせる類の運動はことごとく下手で、ハーケンも打てないならリードできないのかと思うとへこむw
詰めの草付きのスラブは日差しが暖かく、ジグザクに気持ちよく登り藪漕ぎもほとんどなく、あっという間に稜線登山道に出た。大源太山は谷川の山々、巻機山を見渡せる360度の大展望だ。3人で握手を交わし満足感に浸る。
M田さん、Nちゃんありがとうございました!

2段15m滝上段。ハーケンを2つM田さんが打って下さる。ホールド、スタンスは見た目通りにある。中間支点はどの滝にもなかった

2段15m滝上段。ハーケンを2つM田さんが打って下さる。ホールド、スタンスは見た目通りにある。中間支点はどの滝にもなかった

写真上部のハング下が2段15m滝の下段。クラックにジャミングして登る。ぬめりが強く、シャワーを浴びる。

写真上部のハング下が2段15m滝の下段。クラックにジャミングして登る。ぬめりが強い。シャワーを浴びる。

詰めの草付きのスラブ。日差しが暖かく気持ちいい

詰めの草付きのスラブ。日差しが暖かく気持ちいい

コメントは受け付けていません。