2018年3月17日 @城山クライミング


◎参加者 河原さん(L・記)土川(記)
◎天候:曇り時々晴れ
◎日程
9:00 バトルランナー
13:00 エキスカーション

2月3日に城山に行ったのですが、バトルランナーを登るつもりがなぜか中央壁ダイレクトへ引き込まれてしまい、今回はそのリベンジです。

○バトルランナー4p(5.9/5.10b/5.9/5.9)
※今回はハング直下でピッチを切ったため3p目がハング越えの核心となりピンポイント10bになっています。

簡単な準備体操とストレッチをしたら、「じゃんけんポン!!あいこでショ!!」 勝ったのは…河原さん!
勝った河原さんから1p目に取りつきます。この日は南壁一番乗りでした。

・1p目(河原)簡単なスラブですが、朝一なので超ーこわい。
・2p目(土川)鎌型ハング手前でピッチを切る。安定した登攀と見せかけ、久々の高度感に内心ビビる。

鎌型ハング

鎌型ハング

と、ここでどちらも鎌型ハング越えをリードしたいので、壁にぶら下がって 再じゃんけん大会!
勝者は核心のハング越えのリード権ゲット!
「じゃんけんポン!」勝ったのは…..河原さん!

・3p目(河原)ハング越えはよく探せばホールドはあるのでそんな難しくありません。
・4p目(土川)ホールドに恵まれているため高度感と景色を楽しむ余裕とともに登る。茂みの手前が終了点。

バトルランナー4p目

バトルランナー4p目

トップアウト後、懸垂下降にて戻ります。僕、土川がハング越えをリードでやっていないのでハング下まで戻り、核心部だけもう一回遊びます。後続で登る方がいたのでハング下で40分程度順番待ちです。無難に核心部をこなし地上に降ります。

○エキスカーション6p(5.10a/5.10a/5.10c/5.10a/5.10a/5.9)

簡単なお昼をすまし、次はエキスカーションを登ります。1p目のスラブの先行者がいたのでしばらく順番待ちです。
・1p目(土川)少し細かいスラブ。正直、取付きが核心だったが細かいスラブ面白い!
・2p目(河原)垂壁に近いスラブ。良く見ながら登れば、手も足もあり、面白い!!
・3p目(土川)ホールドが分かりづらく2テン。ほんと情けない。
途中、上から落石がありましたが、多いと聞くのでご注意を!
・4p目(河原)三日月ハング手前でピッチ切る。
・5p目・6p目(土川)ホールドが多くて快適。最終ピッチは15mほどで短いため繋げました。終了点は平らで景色も抜群!

5、6ピッチ 6ピッチは短い

エキスカーション5、6p (6p目は短い)

トップアウトして下をみるとクライマーの皆さんがわらわら帰って行きます。懸垂下降で地上に戻った時には我々が最後になっていました。

その後は修善寺温泉にてお風呂に入り(修善寺温泉にお立ち寄りの際には石鹸等をお忘れなく!)、アピタ横の川原にてテントを張って、見切り品を多量購入し宴会しました。
テントからはアピタは目と鼻の先。おつまみが寂しくなれば、閉店間際を見計らって小走りで再度アピタへ。この上ない素晴らしい立地!(笑)
とても充実した一日でした。
しかしながら、充実感と大量の料理で会話とお酒が進み、良い気分と満腹感の中で床に就いた二人。明日の朝も早いが果たしてちゃんと起きられるのか(笑)

二日目の明日は湯河原幕岩です(つづく。)

コメントは受け付けていません。