2018年3月17日@蓬沢スキー


◎参加者:高山2018-03-17-06-00-00-large
0450土樽駅発
0830蓬峠~シシゴヤ間の稜線
0850蓬沢へドロップ
0955土樽駅

土樽駅で前泊。細雪が一晩中降り続き、薄く積雪。
除雪は吾作像まで。
林道の積雪は左の枝沢からの流れ込みで所々切れている。暗くて様子が分からんので板を担いでゆく。
ブナ林が開け、急に積雪が増えたので板を履く。明るくなってきたが、ガスで稜線は見えない。
スノーブリッジを1回渡り本谷へ。すぐにデブリの壁に阻まれるが、その先に興味があるので左から小さく巻いたが、ずっとデブリが続いているだけ。
正規ルートの尾根に戻るべく、昨夜の粉雪が乗った凍結斜面をジグザグに上がるが、シールでは厳しく時間を喰う。
広場より先は開けるが、ガスで国境稜線はもとよりコマノカミもシシゴヤも見えない。
蓬峠から清水峠・JP・大烏帽子・ナルミズ沢・白毛門・赤倉沢・土合の遠大な計画だったが、早々に放棄。
ついでに蓬峠越も止めて、蓬沢源頭の開けた粉雪斜面の滑走を選択。
数ターンの至福を味わい、ブナの林間滑走に移る。登ってきた尾根ではなく、右の沢へオンサイト滑走。
雪質を味わう余裕はないが、良い位置で東俣沢右岸に乗って林道に戻った。
土樽駅1010発の臨時列車で土合に戻り、時間もあるので天神平でゲレンデ練習に励んだ。

今週は土合で蕗の薹を摘んだが、先週の土樽のより大分大きいので、フキ味噌にした。

土合で蕗の薹を摘む

土合で蕗の薹を摘む

コメントは受け付けていません。