2019年3月9~10日@白毛門~柄沢山スキー


◎参加者:高山19030921

3月9日

0449JR平井駅発

0850土合橋着

0900出発

1130白毛門

1330朝日岳手前より大石沢へドロップ

1345ナルミズ沢出合

1510JP北

1640檜倉山北肩 →半雪洞作成

檜倉山 半雪洞

檜倉山 半雪洞

3月10日

0540起床

0700出発

0955柄沢山

1150清水バス停

1345バス発

1912平井駅着

大石沢

大石沢

山スキーのたびに時間について考える。端的には滑降が刹那であり、登高は永遠である。
しかし体感される時間は真逆と言って良い。
今週末は土合から大石沢と柄沢を滑って清水に降りた。半雪洞の屋根が落ち、星を眺め朝陽を待った夜、シールが効かずツボ足で登った柄沢山、ふくよかな山と空を一直線に切ったスキートレースと飛行機雲。
新雪が続いた大石沢、まともに滑らせて貰えなかった柄沢。
東京まで五時間かかる上越線の車窓から、連なる国境稜線を眺めつつ、届かなかった目障りな巻機を肴に次第に酔ってゆく。

白毛門~柄沢山の山稜

白毛門~柄沢山の山稜

コメントは受け付けていません。