2019年6月22日(土)@滝子沢左俣


◎参加者:高山(L),佐々木、河原、吉田(記録)

5:30都内発

7:30林道奥(寂しょう尾根登山口付近)P

11:00滝子山

13:30林道P着

高山さんにつづら岩に連れて行ってもらうはずだったが、天気が微妙なために沢登りに変更ということで、滝子沢左俣へ行くことに。

5:30に集合し、都内を出発。天気、微妙。その後、大月に入り、少し雨がぱらついてくる。まあ、沢だし、どうせ濡れるしこの位関係ない。

林道に駐車し、支度を済ませ、幾つかの堰堤を越え入渓。雨と霧の沢。これはこれで幻想的な雰囲気でいい感じ。

しばらくゴーロ帯を歩き、二股を左股に入ると、幾つかのナメ滝が出てくる。この辺の滝は快適に登っていく。少しして、スラブの大滝が出てきて、調子に乗っていた吉田がわざわざ難しいルート取りをして行き詰まる。これは危険だということで、高山隊長にお助けロープを投げてもらい、河原さんに、支持してもらいクライムダウンとトラバースで、危機を脱出。吉田反省してます。でも、頼れる先輩たちと一緒に山岳会してるなあー。とも思い楽しかったです。

そのあと、20mナメ滝一条クラックが出現。大きなナメ滝に、ここを登れとばかりの一条のクラック。かっこいい。自然の造形美は素敵です。

高山隊長の計らいで、吉田がリードさせていただきました。古いハーケンが2箇所くらい、それと、河原さんにカムを一つ貸してもらい登り始める。出だしからなかなか手ごわい感じ。3、4m登ったところに、錆びたハーケンでプロテクションを取り、また少し登り核心手前でもハーケンにプロテクションを取り、気合を入れ核心へ入り、なんとか越えるとカムが決められそうなクラックがあったので、カムを決めて完登することができた。

アドレナリン出まくりの良い滝でした。

その後、ハングした滝が出てきて吉田は勇気が出ず、リード敗退。高山隊長に登ってもらう。あとでガイドブックを見るとこのハング滝は、右を巻けと書いてあった。そりゃそうだ、落ちると危ないもんな。でも、良し!!

 

その後しばらく登りようやく登山道に出て、山頂に到着しました。景色は全くなしですが、充実。記念写真を撮って早々に下山開始。下山は寂しょう尾根ではなく、初狩駅方面へ向かう登山道から、大鹿林道へのルートで下山。

 

下山後は、吉田うどんを食べて帰りました。

帰りの車中、高山隊長が、「いやー、でも、天気がもって本当良かったですね。」

高山隊長、天気は終始持ってませんでしたよ。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。