2025年6月1日@西丹沢 大滝沢本流(鬼石沢)


参加者:上林(L)、佐々木、河原、大石 大滝橋 (8:40) ~一軒屋避難小屋 (9:45) ~稜線 (12:45) ~ 大滝橋 (15:00)

7時30分に新松田駅 南口で佐々木車と合流して大滝橋へ。駐車場に車を停めて支度をして出発。
カラッとした晴天で、今年の沢始めとしては上々だ。しばらく登山道を1時間歩いて一軒屋避難小屋に到着。小屋の目の前で入渓。一軒屋避難小屋は立派な避難小屋で快適そうだ。
最初の10mの滝は右側から簡単に登れる。次の20mの滝はちょっと難しそうに見えたがハーケンが打ってあったのでロープを出して登る。見た目ほど難しくは無いが高度感があるので慎重に登る。4か所くらい残置のハーケンが打ってあったのがとてもありがたい。この沢のハイライトか。
その後も小滝を快適に登りながら遡行。明るく開けた沢でシーズン初めの足慣らしにはとても良い沢だ。最後のチョックストーンは大きな岩の隙間に入り、大岩を腹ばいになって乗っ越して抜ける。
三俣を過ぎると何となく稜線が近い雰囲気となり あっという間に稜線に到着。靴を履き替えて のんびり下山。ふかふかの登山道で膝にも優しい。一軒屋避難小屋からは行きに登った登山道を下山する。2時間ほどで駐車場に到着。楽しくて気持ちの良い沢始めでした。

コメントは停止中です。