【会山行】2019年11月16~17日@いわき青葉、二ツ箭山、丑ノ倉


◎参加者:加藤リーダー、三田会長、森、長濱、高山(記録)、河原、渡辺、渡辺(妻)、渡辺(娘)、花田、山下OB、上野OG、塚内OG天気図

11/16(土)

0600東京発

0840いわき青葉の岩場P着

1500クライミング終了

1700湯ノ岳山荘

11/17(日) 0530起床

0800出発

0830二ツ箭山P

1130山頂

1230駐車場

1310丑ノ倉の岩場

1515クライミング終了

加藤リーダーのおかげで、天候にも恵まれ盛沢山の計画。 ほとんど何もせず、何かすればハズれているリーダーなのだが、それだけに皆が手と口が出しやすく、結果オーライ。司馬遼太郎の歴史小説に出てくる理想のリーダーのようだ(劉邦?)。

こだぬきポン

こだぬきポン

10月に毎週来た台風のため青葉の岩場は先週まで沁み出しが酷かったようだが、アプローチも岩場も影響は感じない。高山と長濱女史でテンa以下のルートにドカドカTR張りまくり、平均年齢70歳近いベテラン組が順に取り付いて登ってゆく。回収も高山か長濱女史が登るので、目まぐるしく忙しいが、最年長の森さんがシーラカンス(5.10d)まで取付いてくれたのは嬉しい。 ベテラン組は昼過ぎに切り上げ、海鮮丼を食べに出掛けた。南面に移動して、サイドポケット・カブトガニ・バラ色のエアメール等を登って、駐車場でベテラン組と合流。

 

シーラカンス5.10dをオンサイトトライする河原さん

シーラカンス5.10dをオンサイトトライする河原さん

温泉は「さはこの湯」へ。高山だけ地元の「上の湯」に行く。火傷しそうに熱くて、常連の爺さん達がなかなか入らないので、遠慮なく一番風呂を頂く。「硫化水素中毒注意、窓を閉めるな」という張り紙あり。150円也。

麓のスーパーマーケット・マルトで買い出ししてから湯ノ岳山荘へ向かう。三田会長と渡辺家族は到着済み。渡辺家の楓ちゃん(1歳)を抱っこさせてもらいたかったが、お母さん以外はダメみたい。 飲み始めている会長と山下OBを除き、全員で餃子包みとたこ焼きの準備にかかる。女手が多くて助かる。

たこ焼き

たこ焼き

皆さんが持ち寄っていただいたポテサラ・煮物・春巻・漬物・梅干等々をつまんでいるうちに腹が一杯になってしまい、80個包んだ餃子が30個も余り、翌朝のスープの具になった。年寄と女ばかりでは飲めても食えないので、来年からは若手男子の積極的参加を乞う。

17日(日)は夜明け前に起きて、トースト・餃子&肉団子スープ・ベーコンエッグの朝食を皆でいただいてから、ザイル祭を執り行う。今年も長老の新村さんが参加できず、山ノ神の色っぽい話が聞けないのは残念。神主は渡辺(夫)さん・傘持ちは花田女史。毎年ながら怪しい儀式だが、山荘の管理人さんが良い方で、快く記念撮影もしていただく。

ザイル祭

ザイル祭

二ツ箭山まで高速道路を使い、すばやく移動。渡辺家族は月山コースから、それ以外は岩場コースを行く。尾根に出た途端に西からの風に吹かれ、一枚羽織る。ブナ・ナラ・カエデの紅葉と岩場を抜け眼前が開け海が見える。那須方面は雪雲が飛んでおり、もう山が白い。晴れきった秋の日差しに目を細めながら、大騒ぎで登ってくる集団を待つ。 二ツ箭山の山頂で、森さん拠出・河原さんボッカのミカン、ゆで卵を頂く。塩を忘れなかった山下OB有難うございます。 三田会長・山下OB・渡辺家族はハイキングのみで帰る。他のメンバーの顔も「温泉、海鮮丼・・・」ばかりだが、まだ昼過ぎなので、急き立てて丑ノ倉の岩場に移動。 車なら5分。

男体山

男体山

 

ハーフドーム サニーサイドストリート

ハーフドーム サニーサイドストリート

丑ノ倉は綺麗な花崗岩の一枚岩。メインの岩はハーフドームと命名され、確かに片側が垂直で反対がなだらかな形状や頂点のハング等、1/50スケールである。これが小川山あたりにあれば、一番人気になりかねないルート本数や構成なのだが、誰もいない。 まったく登る気のない河原さんにビレイをせがんで、「サニーサイドストリート」にロープを掛け、ロワーダウンしてくるが、今日は長濱女史のテンションが低くハーネスすら着けていないので、急いで「東面右上クラック」をフリーで登ってTR張り、ベテラン勢に登ってもらう。その隙に「への河童」にTRをかける。「乾杯」や「甘酒・利き酒」などのハング越えとマントルのあるルートが変化があって面白かった。

※まとめ:2年続けて、11月会山行でいわきに行きました。山は低いですが、紅葉が綺麗で、ここも東北なのだと新鮮に感じられます。岩場も小さく短いですが、上質です。狭いエリアで変化のある山登りやクライミングを組み合わせて楽しめて、老若男女大勢でゆく会山行にはピッタリでした。

二ツ箭山 山頂

二ツ箭山 山頂

女体山からの眺望

女体山からの眺望

コメントは受け付けていません。