2019年7月14日-15日@御神楽岳・杉滝岩


参加者 久さん・河原(記)
天気 14日曇り一時雨 15日 曇りのち晴れ
日程
14日 2:30 都内発
7:40 蝉ケ平登山口
8:40 湯沢(300m)
11:00 湯沢の頭(1184m)
12:20 御神楽岳山頂
15:30 湯沢
16:30 蝉ケ平登山口

15日 8:00 杉滝岩クライミング

12:00 終了

梅雨長雨の真っ只中3連休、少しでも天気の良いところはないかと探すと新潟が

曇り予報。面白そうな山はないかと探すと「下越の谷川岳」と称される御神楽岳を見つけました。調べると一の倉沢のような見事なスラブがあり紅葉の頃も美しいとのことで偵察も兼ねて行ってきました

高度感があります!!

高度感があります!!

登山口から湯沢の出会いまでは平坦な沢筋歩きますが、崩壊している場所もあり、何か所か沢を徒渉する場所もあり滑りやすいので注意が必要です。本年5月に滑落事故が起きていることを後で聞きました。黒部の水平歩道を歩いているような感じをイメージしてもらえば間違いないと思います。

約1時間で湯沢の出会。ここから高頭までが、簡単な岩登りゾーン、3点保持をしっかり守って登れば困難ではありません。途中、山伏尾根の稜線が綺麗にみえます。

高頭からは雑木の間を藪こぎで進みます。前日までの雨露が木々の残っておりシャツやスボンはビシャビシャで靴の中まで水が入ってきます。風は無かったので寒くは感じませんでした。

大スラブになっています

大スラブになっています

雨乞峰で室谷コースとの合流点。山頂から下ってくる登山者の方に挨拶し我々も山頂に向かいます
山頂からの眺望はゼロ。晴れていれば、飯豊連峰、粟ヶ岳、守門岳が確認できるはずなので残念でした。雨雲レーダーを確認するとすぐに雨が降ってくる予測、すぐに合羽を着こみます。山頂には10分程度いて下山です。

下山は滑りやすいので特に注意し、湯沢の出会まで降りてきました。
距離は短いものの登り下り応えがあるルートでした。
下山後は御神楽荘で汗を流し(夕方割引で400円)、五泉市森林公園キャンプ場で宿泊です。

翌日は、新発田市内ノ倉ダムの奥にある杉滝岩を登りました。橋がある方からA・B・Cと3つのフェイスがあります。帰京の時間があり長居も出来ないので、数本登り終了しました。

杉滝岩

杉滝岩

競技会ルート(5.9+)・マドンナ(5.9)・正面スラブ(Ⅳ級)・凹ルート(5.7)

あずま屋にいらっしゃった地元クライマーの方の話では、冬には4mの積雪がありクライミングとしては11月までとのことでした。そばには綺麗はキャンプ場もあり、再度、訪れたいと思う岩場でした。

久さんお疲れ様でした。また、紅葉の時期に行きましょう。


 

コメントは受け付けていません。