2019年8月11日@松木沢ウメコバ沢中央岩峰右岩稜・チコちゃんルート


◎参加者:荒木(L・記録)、吉田
◎天気:曇り時々晴れ0811tenki

 

◎タイム
06:35 銅親水公園駐車場 発
08:15 ウメコバ沢出合
08:40-09:10 中央岩峰取付
12:15-13:00 中央岩峰チコちゃんルート終了、下降点捜索
14:00 取付へ下降
16:15 銅親水公園駐車場 着

 

2年前に足尾の松木沢ジャンダルムを登って以来、ずっと気になっていたウメコバ沢の岩場へ足を踏み入れてきました。

ウメコバ沢にはチャンピョン岩稜をはじめとする魅力的なルートがある中、ネットで見つけたトポを頼りに、今回は初めてなのでまずお手並み拝見ということで、比較的ウメコバ沢の中では記録が見られて一番登られてそうな中央岩峰のチコちゃんルートを選びました。
まずは銅親水公園からのアプローチ。今日は山の日というのにここは釣り師以外全く登山者もいなくて、のどかなトレイルをジャンダルムや幕岩などを見ながら歩いていく。

1440_IMG_9602

ジャンダルムを見ながらのアプローチ

ほぼ平坦なアプローチ1時間40分ほどでウメコバ沢の出合に到着。ここにも釣り師がいて、早くも5匹ほどイワナが釣れたそう。沢も綺麗です。

1440_IMG_9610

ウメコバ沢出合 F1

1440_IMG_9612

ウメコバ沢 F2

出合にかかるF1は右側のフィクスロープを頼りに登る。続くF2も同じく右のフィックスを使って登る。その先もしばらく滝場が続いて右側の巻き道を登っていくとほどなくして中央岩峰の基部に到着。
アイスの時期には賑わうこの場所も、荒涼とした夏の時期はやはりあまり登る人もいないようで今日も貸切。
初めてなのでじっくり岩場を観察。壁の一番右端のスラブから岩稜へ登っていくルートがチコちゃんルート、ネットで見た写真と同じことを確認したりしてオブザベーションする。

1440_P8110702

取付きから1ピッチ目のスラブ

 

1P目:スラブから凹角へカムを決めて登っていく。フリクションが効いて登りやすい。右側のカンテに出て30mほどでリングボルト2本の支点があるのでそこでピッチを切る。
2P目:正面の岩稜に沿って登っていく。40mほど登ってピナクルでピッチを切る。
3P目:引き続き岩稜を登る。40mほど登ってカムとチョックストーンでピッチを切ったが、あと5mほど上にハーケンの支点があり、そこまで登るほうが良かった。
4P目:正面のクラックがこのルートの核心でⅤ級。残置のハーケンとカムを決めて登り、ややかぶり気味でグレード相当に難しいが、よく探せばホールドもあって面白いピッチ。20mほどで切る。
5P目:このピッチも出だしの壁がⅤ級ほどあってやや緊張。でも面白いピッチ。
6P目:コンテでも行けそうな岩尾根。それでも途中2か所ボルダー的な岩がある。
7P目:岩尾根を登っていく。難しくはないが高度感があって気持ちいいカンテ。40mほどで岩場終了。ここからピークまで歩き。

1440_P8110720

核心部のクラック

1440_P8110728

最終ピッチ

 

全体的に岩はしっかりしていてフリクションも効いて思った以上に快適に登れた。振り向くと荒々しいチャンピョン岩稜などの岩場が見えてロケーションもいい。ただし所々浮石もあるので、危なそうなホールドはちゃんと確認が必要。残置のピンはほとんどないのでカムは1セット必要。各ピッチの終了点もほとんど整備されていない。

 

さてクライミングは終了して、トポに書いてある下降点を探すがこれがなかなか見つからない。藪漕ぎをしたりちょっと危ない岩を登ったりしながらウロウロと下降点を探すこと小一時間、結局登ったルートの近くに戻ってようやく見つかりました。フィックスは雨にさらされて変色して自然と同化した色になっていて見つかりにくかった。
フィックスロープを伝って岩場を下り、フィックスの末端から40m位の懸垂下降。その後はガレ場を下っていくと中央岩峰の取付きに戻ることができた。

 

一応今回はウメコバ沢の概要を掴むという目的も果たすことができ、思ったとおり面白い岩場だったので、今度はキャンプや釣りを組み合わせてまた訪問したいと思います。
1440_P8110724

チャンピョン岩稜

1440_IMG_9616

中央岩峰

コメントは受け付けていません。