2019年8月10-11日 @二口山塊小松倉沢


参加者 上林さん・長濱さん・加藤さん・河原(記)
天気 10日 曇り時々晴れ 夜 晴れ・11日 曇り一時雨

<スケジュール>
8月 9日  22:30 都内発
8月10日   6:00 秋保ビジターセンター
9:30 入渓
12:30 岩魚ゲット
15:00 小松倉沢出合い手前(テン場)
8月11日   6:00 テン場発
9:40 神室岳山頂
10:00 南沢下降
13:45 南沢出合い

恒例の夏休みのアルパイン企画第3弾、今年はアルパインではなく、趣向を変えて東北の沢としました。
広葉樹の森でナメのきれいな沢がよいとのことで二口山塊名取川小松倉沢行ってきました。
(遡行図がないのでちょっと不安・・・)
9日
帰省の渋滞を見込んで、金曜日の夜に車を走らせましたが、みんな考えることは同じようで、東北道は結構混んでおり、途中、激しい渋滞もあり秋保ビジターセンターについたのは、翌朝6:00でした。
車を止める大量のアブお出迎え、黒い車と熱がとてもお好きなようで歓迎ありがとうございます。

しばし仮眠し、前日に全面開通した二口林道を走ります。
旧ゲートのところには数台分の駐車スペースがあり装備を整えて出発です。
橋を渡り、50mほど林道歩いたカーブのところより入渓します。今日はテン場までは約3時間程、こんなに時間の余裕がある沢の登りは初めてです。

ナメ滝8mを上林さんリード、確保してもらいながら後続があがります。水線の右側を上がりますが結構ヌメヌメしており、スタンスも細かく何度が滑り落ちました。

そのあとは、キレイなナメ、まさに癒しの沢です。
途中、釣り竿を出しながら釣り上がります。
岩陰からそーっと餌を垂らすと・・・。見事な岩魚が釣れました。

岩魚ゲット!!!

岩魚ゲット!!!

BAR 沢 開店です!!

BAR 沢 開店です!!

桂沢出合いを上がったところに良いテン場がありました。丁度、良い感じに倒木がカウンター風になっており、カウンターBAR「沢」の営業開始です。
先程、釣った岩魚さんもいい感じに焼けております。
いつものごとく楽しい時間はあっ云う間に過ぎ、それぞれタープの下のゴロ寝で眠りに付きます。

岩魚とにんにく

岩魚とにんにく

 

 

 

 

 

 

翌朝は、出発するといきなり15m滝、これは直登は無理とのことで、右岸より尾根を高巻きします。
その後は源頭の渓相、大したツメもなく登山道に出ました。
神室岳の頂上を踏み、記念撮影のあと、南沢を目指します。

 

 

頂上にて

頂上にて

頂上で南沢へのコンパスセットを行い、藪こぎに入りますが・・・

トラバース気味に下降するのですが、結構な急傾斜。おかげで釣り竿はどこかへ行ってしまいました(借りもののよい竿なので拾った方、大事に使って下さい!!)。おそらく今回の沢の核心は南沢へ降りるまでのルーファイだと思います。先頭で降りた上林さんは大変だったと思います(ありがとうございました)。

ちょっとひと休み

ちょっとひと休み

その後はとくに問題なくゆっくり降りて行き14時前には南沢の出合いに到着し正面の草付きをあがると踏み後がついており車道に上がることが出来ました。

みなさんお疲れ様でした。次の日はクライミングの予定でしたが、岩がぬれていて残念でしたね。けれどもホッキ貝が食べられたのはラッキーでした。また、行きましょう!!

コメントは受け付けていません。