2020年7月19日@白毛門沢


◎参加者:荒木(L)、土川

◎天気:晴れ719tenki

6:45 白毛門駐車場 スタート

6:50 東黒沢入渓

7:10 ハナゲノ滝

7:25 白毛門沢出合

10:10-10:30 白毛門山頂

12:25 白毛門駐車場 着

 

7月に入ってようやく晴れた日曜日、白毛門沢を遡行してきました。

前日の予報では南関東は雨で、北に行くほど午前中は雨が降らなそうな予報だったので、アプローチもなくサクっと登れる白毛門沢を選んだが、予想以上に梅雨前線は北上しなかったようで、朝からずっと良い天気、気温も上がって絶好の沢日和になりました。

白毛門の駐車場は車の入りは5割程度、我々の少し前に4人パーティが沢に入っていった。こっちも身支度を整えて早速入渓。

15分ほどで前のパーティに追いき追い越すと、その後沢中では誰にも会わず。さすがにずっと雨が続いていたので水量は多いが危険を感じるほどではない。2人ともラバーソールの沢靴が時々ヌメった岩でツルツル滑り、早くも濡れる。

入渓時点の気温は16度ほどで肌寒いくらいだったがすぐに体も温まって沢の水も気持ちいい。雪渓も全く残っていない。

ハナゲノ滝は水量多くて迫力あるが、水線の左側を登る。その先も次々に滝やナメが現れ水量が多くて直登できない滝もあって水量が少ないときと比べると別の沢のようだが、とにかくジャブジャブ登れて楽しい。

ハナゲノ滝

ハナゲノ滝

1440_IMG_14241440_IMG_1426

もし登れたら登ろうかと思っていたタラタラのセンは水量多くてヌメった岩で戦意喪失、左の急斜面を巻く。

1440_IMG_14321440_IMG_1431

大岩を過ぎて上部の二俣を過ぎると水量も少なくなって、次第にスラブ状の岩登りになり、最後の標高差400mくらいの急登は自粛疲れもあってなかなかきつく休み休み登ったが、最後は踏み後をたどって山頂に飛び出るのがこの沢のいいところ。

1440_IMG_1449

1440_IMG_1450
山頂でゆっくり景色を見ながら休憩して、あとは下山後の温泉を楽しみに登山道を下った。

 

コメントは受け付けていません。